ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回の奇跡の一つとして、にょっかくんがGLAYモバイルで取ったチケットが8列目。土星人さんの相方さんがファンクラブで取ったチケットが9列目で、しかも1番違いということ!!


振り向いたら斜め後ろに知り合いがいるとか、なかなか無いですよ!

土星人さんに「はしゃいでる姿を後ろから見てますよ!」と言われたけど、「そっちの叫び声が丸聞こえですよ…」と応答しておいた。案の定、嫉妬が始まった時に、「ひゃ~!!」とか何か擬音を発して喜んでいたのが聞こえたんだぜ。

Tシャツに着替えて軽く準備運動していたら、にょっかくんに突っ込まれたけど。年齢を過信すると痛い目を見るんだぜ。

普段の仕事と、普段の体力づくりのお陰で、どの部分も筋肉痛にならなかった!!!

日・月は声がカッスカスだったけども。

『2分間、腕振りが出来なくなったらライブ引退』

自分の中の課題であります。肩があがらんとか、膝が痛いとか、持っての外!!年齢とともにガタが来る部分を今からメンテナンスじゃい。
その結果、20代の頃よりも体力ついてるし。あの頃の僕より今の方がきっと若いさ♪という真心の歌の歌詞を思い出してみたり。

では、恒例の長すぎる1曲感想を始めます。長いよ。

MC部分は、GLAYモバイルに詳しすぎるほどに書いてあるので、そちらをどうぞ。(丸投げ)

1.My Private“Jealousy”
今ツアーは去年から数えて4回目。間近で映像を見る醍醐味。メンバーが出てきた瞬間、あまりの近さに絶句。
OPの演出から一転して重厚なサウンドが会場を包む。一気に熱気が爆発し大きな歓声が場内に響く。

中央に立ち、マイクスタンドを握るTERUさん。近い、近い、あまりにも近い!

白目が見える!! (近いという表現その1)

手袋?してたのは知ってたけど、それが片手だけだったとか初めて知ったし…。
今回の演出はホールなのでメインモニターにメンバーが大写しにならない。ライブに集中できる分、席が遠いと視覚的な物は確認できない。

TERUさんの伸ばした手や、Jealousy~♪の部分でちょっと小首をかしげて溜めて歌う姿、足でリズムをとる姿、全てが見える。
なんてこった…一曲目から死にかける自分。

2.汚れなきSEASON
「いくぜ~!!」って叫んでいたような。基本、自分はTERUモニターが作動・内臓されているので、回りを見渡す余裕が…しかし今回はTOSHIさんもよく見えたぞ!ドラムの力強さっていいね!SEIさんもよく見えた!SEIさんってトークも面白いし、芸達者よなと。

2曲目までは、TERUさんは中央からほぼ動かず。曲間でTERUさんの給水の様子もわかる!暗くて断定はできないけど、多分、ブルーのサーモマグ使ってた。
滋賀でレッドを買おうとしたらいの一番に売り切れて、ブルーを買ったけどこれは神の采配か!(ただの気のせい)
この曲はドラムが好き。イントロから歌に入る前もすごく好きだが。

<MC>

3.everKrack
「パーティーしようぜ!!」で始まった。
ヒップに~♪の時のはにかみながらの腰フリフリを間近に見て悶死。
のちに、脳内で再生されて思い出してはニヤニヤするという病気が私と土星人さんの間で流行る。(リアルに重篤とはこのこと)
サビ部分の腕を曲げて上下に振る動作が可愛すぎる。今までにない感じで新鮮。新しいGLAYのダンスナンバーになりそう。

4.ALL I WANT
TERUさんが右にキターーーーーーーーー!!近い近い近い。あまりの近さに死にそうに…(さて、何回死んでいるでしょう)
「裸が見たい~」の時に、黒シャツを少し引っ張って胸元ちらり。エロイよ!といいつつ、ガン見。

まばたきとか見えるんですけど…(近いという表現その2)
久しぶりに聴いたら、なんか前よりカッコよく聞こえた。前のツアーの時はエロいイメージがあったんだけど。

5.VERB
リーダーが英語の部分を目の前でカッコよく歌っていた!
TERUさんばっかり見ていたら、リーダーが目の前にいてびっくりする事数回。(土星人さんも同意見)
そりゃ、立ち位置がそこだものね…。見えてないほうがおかしい。
リーダーの男気、ギター捌き、長すぎる足を堪能する。スタイル良過ぎだろ…。
この曲のときも、TERUさんが右に来たはず!!
手振りする曲が多い中、拳を突き上げる曲は珍しいかも!と思いながら、日々の憤りを拳に乗せて突き上げる自分。腕が取れてもいいと思った。

<MC>

6.キリノナカ
この曲でもTERUさんは中央よりちょっと右寄りで歌ってた。かなり右側に来てくれていてうれしい。
ライブで育つ曲なのが顕著にわかる。CDであんまり好きじゃない曲ほど、ライブで大ハマリする自分がいる…。

7.coyote,colored darkness
ステージが暗転、雷の音?がしてHISASHIをスポットライトが照らす。風にひとりも好きだけど、コヨーテの方がTERUさんの声がセクシーなので好きだ。
HISASHIの曲は言葉遊びが多いけど、この曲は色彩が見えるようで大好き。

8.absolute“ZERO”
メンバー全員がコーラスする曲…らしい。
歌いすぎて、すでに声に異変がある自分に気づくwww
JIROの笑顔が半端ない。いつもならあんまり見ないし、見えないんだけど!楽しそうなのが伝わってくる。
TERUさんが指さしてくれたような気がするんだが気のせい…?もしかしたらにょっかくんにかも知れないが…。

動きすぎて、ベルトを持ち上げて、シャツを入れなおす場面が何度かあったのをお伝えしておく。
そんな動きすら可愛いと思えてしまう病気な自分。(同志求む)
最後に大きくジャンプして終わったような気がする。

<MC>

9.春を愛する人
京都1日目と同じようなセトリだけど、何度聞いても良いものは良い。
マイクを持つTERUさんの腕筋をガン見。
帰り道でそのことを伝えたら、「見てるところがマニアック過ぎます」と注意を受けるも、「私も見てましたけど」とのこと。「喉仏とか…」と言ったあなたのことを私は忘れない。
お互い、病気で一生幸せですね!!

10.つづれ織り~so far and yet so close~
SEIさんのトランペット(でいいのか)が良い。ほんとすごいなあ…。ホワイトロードのツアーを思い出す…。
聴くたびに、TERUさんの声の伸びがよくなってるのがわかる。

11.Missing you
リーダーのギターがカッコよかった…!何しろ目の前。
目に掛かる前髪を人差し指でそっと直すTERUさんとか、バラードを力強く歌いマイクスタンドを握る手に力が入るTERUさんの腕の筋肉とか。
目の保養になった……。ありがとう8列目。(横にいるのはチケットを取ってくれた恋人です)
静パートでは全体を見回す。今回は、静パートと動パートがキッチリ分かれているので、時間の流れが速く感じる。

12.MAD BREAKER
確かTERUさんはスピーカーの上にずっと立っていたような気がする。
この曲の前にリーダーが上着を脱いだ!!書こうかどうか悩んだけど、G友Tちゃんの需要があるのであえて書く。
素肌にベスト?のようなものをお召しになっていたので、上着を脱いだら結構露出が激しく…。ギターの角度によってはなんと…
乳首がチラ見せ状態に!自分だけが見てしまったのかと思ったけど、土星人さんも「出てましたよね、アレ」とのことでwww
すごいよマサルさんの「なんて派手なハイヒールだ」の件を思わず思い出してしまった(分かる人には分かるネタ)

13.嫉妬
後方から土星人さんの「ひゃああああ」だとかそんな声がばっちり聞こえましたぜ。土星人さんのGLAY伝説の始まりと子育てからの復活伝説の主題歌であります。人生って狂うんだよな、急転直下で。逃れられないきすみーもあでぃーぷですよ。
スピーカーの上で「十字からませて」のジェスチャーしてたのが印象的。「からからの胸の奥で」あたりで、胸をチラ見せしてくれたのか、まぼろしか思い違いか…?
エロカッコよかったので、もう思い残す事はないよ。

14.FAME IS DEAD
リーダーのギターがやっぱり男前。何しろ目の前!!
にょっかくんはここで、リーダーに煽ってもらってた。リーダーが自分の胸をとんとんと叩く動作を目の前でやってくれたらしい。
確かキーボード前でギターを掲げていたので、おへそが見えた。(何度かおへそを見た記憶がある)

<MC>

15.Ruby's Blanket
リーダーがなぜか「JIRO's Blanket」と言っていた。ピンカピンカの金のプーテが飛び出した。お陰さまで無事一枚ゲット。振り返れば土星人さんは山ほど持ってた。(ちょうどたくさん落ちてくる位置だったらしい)
JIROがこっちに来てた気がする。にょっかくんは何度か目があった!と言っていた。めっちゃ笑顔だったのが印象的。いっつもほんとによく見えないからなあ~。

16.Runaway Runaway
気のせいじゃないと思うほど右側に来てくれる。
もう夢中で手振り、熱唱。

<MC>

17.生きてく強さ
何がアレって、にょっかくんがメンバーに煽られすぎて嫉妬。横で見てるほうがよくわかる。指差されたりね…。
「指のすきまを」でTERUさんが顔の目の前で左手を動かしてて可愛かった。そして目の前に来て歌ってた。こっちの方を指差して笑顔。死ねる!その後ですよ、重大事件が…。
にょっかくんの真正面でTERUさんが歌っている時に、にょっかくんが皇室の人間張りに控えめかつ上品に胸の前で上品に手を振ったら、TERUさんが手をちょいちょい(こっちおいでする感じに2回)振り返してくれたのである!!

真横で見てた俺、驚愕。Σ(゜□゜:)←この顔である
ちっくしょ~うらやましい。あああああああああ(半壊)
お前は何回メンバーとハイコミしてるんだあ!!8列目をゲットしてくれたので文句は言えません、でもなあでもなあ。あううううう。

にょっかくんがTERUさんの視界に入っているということは、隣の私も視界に入ってるよね、そうに違いない。(悔しさを限りなくポジティブに)


[ENCORE]
どの会場でもTHIK ABOUT~は人気。シキナは歓声ではなく歌われてしまうという…www聴きたかったな~この曲大好きだし。ACIDはさすがにライブ終了曲として定着しているからか歓声は少なく。関西圏でシャッターは外せないでしょう!ということで。

1.GROOVY TOUR
京都でも聞いたけど。そんなことは関係ない。好きだ。TERUさんがやさし~く歌う部分がとても好きである。
リーダーが花道にいたらしい。

<MC>

2.SHUTTER SPEEDSのテーマ
TERUさんがやっとジャケットを脱いでくれた!前はハイコミの前にしか脱いでくれんかったのよね。
今回はすぐにTシャツを捲り上げて腕全開。
筋肉が、タトゥーが、キャー!!(頭悪い)
「年を重ねても」の歌詞の所はよくリーダーと並んで歌ってる気がする。右に来てくれてたしね。

3.HIGHCOMMUNICATIONS
気がつけばHISASHI・気がつけばリーダーって事が多く…。JIROは来たらわかるんだけどね。何故だろうか。

で、ピックが飛んできてですね、という事件は次の記事に。長くなるので。
結果取れてないんですけどね。隣の席の方とハイコミできましたし。そのことも次の記事でね。もういい加減長すぎるので。

~Ending映像~未発表曲(タイトル未定)~

ピック騒動であんまり聞けてないんだけども、もう3回聴いてるしね。いい曲だなと。個人的には君に逢えたらより好きかなと。
夏までにまたアルバムとか出るのかしら…。

こうしてハイコミツアーは前半1回、後半3回参加して終了。

お疲れ様でした!!その3ではライブ前後の日記。勝手に『GLAYナイト』と称した一日の記録であります。
ピックの写メもそっちにアップ!

テーマ:GLAY - ジャンル:音楽




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 つぶやきmegacycle, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。